sionのアトリエ "暁光にはじまる"

  1. HOME >
  2. production memo >
  3. production environment >

sionのアトリエ "暁光にはじまる"

sionのアトリエは
暁光(あけがたの空の光)とともに始まる。

 

起きて、水を飲み
外の空気を吸い
香をたく

 

仏教詩人の坂村真民さんが仰る
未明混沌、虎の刻は
すべてが混沌と溶け合って
いのちに満ち溢れている。

 

じきに、ご来光を拝むと
背筋がピンと伸び
自分がどこへ向かっているのか
今何を作れば良いのか、はっきりとわかる。

 

暁光と僥倖(偶然に得るしあわせ)が
同じ音であることを
毎朝、確認する。

 

1日で最も好きな時間。

朝日

寂静たる時に満たされながら
手縫い針を進める。

 

革を貫く
ポツッ、プツッ
という音が、心地よく響く。

 

この満たされた幸せが
私の作品を手元に置いてくださる方々にも
届けられるよう、精進いたします。

 

いつも、応援してくださり
ありがとうございます。

 

[追記]
2020年10月
台場から青海へアトリエを移転しました。

-production environment, production memo

© 2021 四次元かばん[sion]