sion「四次元かばん」クリエイター 

  1. HOME >
  2. about yojigen kaban >

sion「四次元かばん」クリエイター 

はじめまして
「四次元かばん」クリエイター
sion(村上シオン)です。

 

「四次元かばん」ってナニ?
と気になった方は、こちらへ

名前の由来
→機能
特徴

 

企業勤めをやめて
まさか自分が
こんな非効率なモノ作りの仕事を選ぶとは
想像もしていなかったけれど

 

コロナ禍の中にあって
将来を予測することに
意味がない毎日

 

「今日死んでも、私は幸せか?」
という単純な問いに
もう、目をそらせなくなってしまいました。

 

幼少期から痛ましい経験が多く
20代で癌と向き合い
障害と折り合いをつけながら生きています。

 

最近では
声帯の半分が麻痺し
医療機関で発声訓練を受けていますが
いずれ、声も失うのだろうかと想像します。

 

今日、生かされていることが、ありがたい。
体が動くことが、ありがたい。
自由な意思を持てることが、ありがたい。

 

どうせ生きるなら
幸せでたまらないと思える瞬間の連続に
没入していたい、と

 

小さい頃から好きだったモノづくりに
僥倖を見出しました。

 

かばんのクリエイターとして
行行と形になる現実
たくさんの方のお力添えに感謝しながら

 

日の出とともに
空薫の香りのなか
ただひたすらに縫い針を進める毎日です。

 

画像のお面は「傷顔」
異形面作家さろきちさんの作品で
ジャンルは異なれど、制作姿勢に触発されます。

profile

 

時代や次元を超え
美の先達たちが目指してきた創造の極みを
私も目指していきます。

 

応援のほど、宜しくお願いいたします。

 

-about yojigen kaban

© 2021 四次元かばん[sion]