「四次元かばん」のネーミング

  1. HOME >
  2. about yojigen kaban >

「四次元かばん」のネーミング

1秒を短縮する、パフォーマンス効率を。

私は小さい頃から不注意で
モノを 忘れる、探す、失くす ことに
時間を奪われてきた。

 

だから、必要なものを
一瞬で、迷わず手に取ることができる

ドラえもんの「四次元ポケット」があれば

 

どれほど救われるだろうか
と、よく想像した。

 

大人になれば
時代が変われば
そんなモノが
いつかは手に入ると思っていた。

 

けれど、1クリックを減らすことに
企業が躍起になっている今の時代にも
まだ私は、毎日かばんの中身を探している。

 

もう十分、時間を無駄にした。

 

これ以上
わずらわしいモノや、必要ではないコトに
人生を奪われないために

 

せめて
自分が使うモノや
かばんくらい

 

身に付けやすく
コンパクトにまとめられ
一瞬で中身を確認して
サッと取り出せるような

 

便利なかばんやケースを
自分で作ろうと思った。

 

自分がモノに合わせるのではなく
モノを自分に合わせる。

 

不要な動作を
1秒でも短縮して
全ての時間を、思い描くゴールに注ぐ。

 

ADDやADHDのような
注意欠如に悩まされる人だけでなく
人生のパフォーマンス効率を求める
全ての人に

 

私がつくる「四次元かばん」で
思い描く未来を、手に入れて欲しい
と願っています。

 

「四次元かばん」の機能と特徴

 

「四次元ポケット」じゃなくて…!?

商標やネーミングを考えていた時
最初に「四次元ポケット」が思い浮かんで
もう、そこから頭が離れなくなった。

 

誰もが欲しがる
夢をかなえてくれる道具。

 

けれど
さすがに、この名前は…
恐れ多くて使えない。

 

そこで、最初に作りたかったのが
「かばん」だったから
「四次元かばん」というネーミングに。

 

しかし、この名前を使って
ドラえもん関係者に怒られないか
心配だったので

 

小学館集英社プロダクションさんへ
確認したら…
法務の方がわざわざ調べてくれた。

 

「ドラえもんのひみつ道具には
そういった名前の道具がないので
回答する立場にはありません」

 

丁寧なお返事に
ホッと、一安心。

 

そこから
すぐに「四次元かばん」が動き出し

 

賛同者や
協力会社に支えられ
ありがたいお話がどんどん現実のものとなり…

 

日々プレッシャーと戦いながら
「この名前に負けないモノを作ろう!」
と、奮闘しております。

 

応援のほど、宜しくお願いします。

-about yojigen kaban

© 2021 四次元かばん[sion]