「角田商店」がま口・各種金具 @蔵前

  1. HOME >
  2. production memo >
  3. cooperating company >

「角田商店」がま口・各種金具 @蔵前

角田商店は
昭和2年創業の
老舗の袋物用材料問屋さん。

 

「がまぐち口金なら角田商店」
として、業界では有名。

角田商店

蔵前には、他にも
品揃え豊富な、有名金具屋さんが
多数あるけれど

 

ついつい、ここの看板男子
「シモイさん」と会話したくて
足を運んでしまう。

角田商店

今の場所にお店が移ったのは
昭和22年のことで
シモイさんより一つ年上だとか。

 

店の片隅に飾られている
創業当初に作られたであろう社旗に
歴史の重みを感じる。

角田商店

この日は、店に入ると
シモイさんは新商品のがま口の
展示準備をしていた。

 

忙しいだろうに、私の顔を見ると
新商品の見本作品を出して
機能や使い方を説明してくれた。

角田商店

ふと…
毎日、膨大な数のお客さんが来るし
マスクで顔も隠れているのに
「よく私の顔や名前を覚えられますよね〜」
なんて質問したら

 

「ほら、その鞄、珍しいから」と。
確かに、私はハトメ金具を多用した
個性的な鞄を持ち歩いている。

 

「さすが金具屋さん!」
視点が違う(笑)金具にフォーカス。

角田商店

ネットショップが濫立する時代
どんな金具でも、安く早く簡単に手に入る。
わざわざ足を運んで、時間をかけて
買いに来る意味はないのかもしれない。

 

しかし、ここで買った金具を使うと
他で買った金具を使うより
美しい作品ができる
ような気がしてならない。

 

どの店員さんも親切で
どのお客さんも大切にしている様子から
販売されている商品も、きっと
大切に扱われているのだろうと推測され

 

傷がない、状態の良いものが
手に入るからじゃないだろうか
と勝手に想像する。

角田商店

店先にある、このイラストを見るだけで
(専務が描いた看板男子…酷似!)
店のあたたかい雰囲気が伝わってくる。

 

「コロナが終わって、
イラストも、マスクを外したいね。」
と、ちょっと寂しげにシモイさんが笑う。

 

(実は、このイラストの裏面には
マスクを外したシモイさんが描かれている。
御来店の際は、裏をめくって見てね。)

 

ワークショップも
早く再開できますように!

角田商店

がま口や金具・袋物用材料のことなら
何でも相談ができるので
蔵前を訪れた際は、ぜひお立ち寄りを。

 

オンラインショップ
別注品・オリジナル金具の制作も対応可。
お得な「サービスデイ」も、月2回やってます。

角田商店

株式会社角田商店
http://www.towanny.com/
〒111-0054 東京都台東区鳥越2-14-10
TEL:03-3863-6615
休業日:土日祝
都営浅草線 蔵前駅下車 「A0出口」より徒歩約5分
JR総武線 浅草橋駅下車 「東口」より徒歩約10分

 

-cooperating company, production memo

© 2021 四次元かばん[sion]